赤ちゃんの夜泣きは愛情不足ではなく睡眠が原因だった!!

赤ちゃんがいるお必ず直面するのが夜泣きです。
そんな夜泣きが愛情不足だなんて…

ドライブに出かけてみたり、長い時間交代で抱っこしてみたり。試行錯誤を繰り返す日々。
それでも親戚からは愛情不足と言われてしまう。

ネットで調べても「愛情不足」と言うワードが出てきます。
そのことにガッカリしていました。

しかし、ある本との出会いがきっかけで、
赤ちゃんの睡眠が改善されきちんと寝れるようになりました!

その本に書かれている内容、
さらに実践したものを簡単にまとめたので、
参考にしてみてください。

夜泣きの原因は愛情不足なんかじゃなかった!

昼はいい子なのに夜になると急に大泣きしていませんか?
うちもそうでした。

そして体力的にも精神的にもどんどん追い込まれていってしまいます。
愛情不足だなんて言われたくないがために周りに相談すらできない。
何とかしなければ。

そんなときに出会ったのが
赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド0歳から始めるネンネトレーニング

でした。

この本の著者自身も壮絶な夜泣きを経験されているそうです。
それだけ夜泣きはごく普通のことなのかもしれません。

夜泣きは愛情不足なんかではなく、
赤ちゃんの体内時計、すなわち睡眠スケジュールに原因があります。

基本的には、朝起きて夜寝ますよね?でも赤ちゃんはその事実を知りません。
後々夜泣きが無くなるのは自然と学習しているだけなのです。

なので、そのことを教えてあげるだけでいいんです。
愛情不足なんか気にしないでスケジュールを管理するだけでいいんです。

以下のようなことに心当たりありませんか?

□赤ちゃんが朝8時過ぎても起きるまで寝かせていませんか?
□テレビや電気がついたリビングで寝かせていませんか?
□寝付かない赤ちゃんとドライブに行ったりしていませんか?
□Youtubeの泣き止む動画見せてませんか?

少々、本の内容は違いますが、
このようなチェックポイントがあります。
正直ドキッとしますよね。。。




愛情不足って言われるより衝撃でした。
そもそも赤ちゃんは寝かしつけないと決まった時間に寝ません。
逆に寝かしつけの習慣をつけるとキチンと寝ます。

ここでひとつ気を付けて頂きたいのが、
だからといって夜中に起きなくるわけではありません。

夜中に起きるのはごく普通なことだと知っておきましょう。
睡眠の周期ってありますよね?レム睡眠とノンレム睡眠。
その周期が大人とは違って短いそうで、そうすると自然と起きてしまうようです。

何は平気で寝てしまう強者もいるとか。。。

夜泣きが愛情不足と言われてしまった原因とは!?

昔から赤ちゃんの夜泣きはあったハズなのですが、
親戚から、夜泣きがひどいのは
愛情不足だなんて後ろ指さされるようなこと言われてしまうのか。

それは、現代の生活スタイルが原因のようです。
ここ数年で生活がかなり便利になりました。

反面、ストレートネックの様な現代病が発生しています。
大人自身も寝る直前までスマホやYoutubeにくぎ付けになっています。

おかげでここ30年で赤ちゃんの就寝時間が大幅に遅くなっているようです。
結果、
しっかり寝れない→日中もグズグズ→夜泣き
このサイクルにハマってしまいママが辛くなってしまいます。

ドイツでは約40%の赤ちゃんが19:00には寝るそうです!
日本は、1%程度だそうです…
ともに起床時間の平均は7:00です。そりゃ睡眠不足ですね。

ドイツと言えば仕事から早く帰って当たり前で、
日本と言えば残業こそ正義ですからね。

しかも空前絶後イクメンブームです。
遅いパパを待ってたらどんどん寝る時間が無くなります。

最近は働き方改革によって多少はマシになっているかもしれませんが、
ドイツには及びません。

さすがに19:00は無理ですよね。
人それぞれ仕事や状況に違いはありますが、
最低でも22:00を超えないことを目安にしてください。

要するに早寝早起きできるようにしてあげることで、
愛情不足で夜泣きがひどいだなんて言われなくなります。

睡眠スケジュールとは!?

本の中では、生後間もなく~5歳までの睡眠スケジュールが細かく書いてあります。
自分の子と比べてみると全然違うので驚きです。

赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド 0歳からのネンネトレーニング [ 清水悦子 ]

価格:1,430円
(2019/12/14 22:11時点)


さらに、既に退院後から寝かしつけは始めれるのです。

気になるスケジュールですが、
一番夜泣きがひどいとされる生後7か月で見てみると、

1日で3回寝る機会を与えます。
簡単に書きます。

7:00起床
9:00
朝寝
→1時間
12:00
昼寝
→2時間半
20:00
→朝まで(数回起きます)

考えられないですよね。
多少それぞれの寝る時間にバラツキは出ますが、
一度このサイクルに乗るとすごく時間に余裕が生まれます。

体がつらいときは一緒に寝るもよし。
ティータイムにあてるもよし。

余裕が生まれることで余計なことにイライラしなくなります。
早起きするだけでなぜか昼寝ができるようになる子もいるようです。

保育園などで昼寝できない子が、
早起きを実践するだけで改善されたなんてこともあるようです。

最初はめちゃくちゃ辛いですが、
実際に5日間位で効果がでます。

ポイントはとにかく耐えることですかね。
大泣きしますが愛情不足ではありません。

まずは実践してみましょう。

夜泣き、愛情不足以前に全然寝てくれない!?

さぁ実践と思ってもそんな時間に寝ないよ!?
とかずーっと抱っこしないといけないんだけど…

となってしまう人も多いと思います。
うちも寝るときは立って抱っこか添い乳していました。

それを毎回やるわけではありません。
寝かしつけの方法自体変えましょう。

その人それぞれで構いません。
ポイントはただひとつ、「赤ちゃん安心、ママ楽チン」です。
とにかく楽をしてください。

楽することは愛情不足でもなんでもありません。
楽なおかげで毎日笑顔でいてくれるほうが、
赤ちゃんもうれしいはずです!

普段から、一生懸命立ってゆらゆらする抱っこして寝ている子は、
それでしか寝なくなります。

その他独自でいろいろな方法があるかと思いますが、
その行為が寝るサインだと覚えるからです。

まずは寝る時間になったら、寝る部屋へ移動し、
部屋は暗く、テレビやスマホを操作しない状況にしましょう。

特に夜は30分ほど前に寝る部屋に移動し、
絵本を読んだり、スキンシップを取ったりしましょう。

もいもい (あかちゃんが選んだあかちゃんのための絵本) [ 市原 淳 ]

価格:1,540円
(2019/12/15 01:07時点)
感想(81件)


次第に今から寝るんだって赤ちゃんが覚えていきます。
そこで編み出した方法を覚えてもらいます。

α波のオルゴールを流してポンポンしてあげるなど。
これなら音源はYoutubeにもありますし、手軽にできます。

うちは画面が光って気になるのとたまたまアプリを登録していたので、
バックグラウンドで流れて音量調節も可能な音楽アプリを使用しています。

初月無料のキャンペーンもあるので一度試してみてもいいかもしれませんが、

正直お好みのものがあるならYoutubeでいいと思います!
画面は伏せればOKですしね!!

とにかく楽な方法を編み出しましょう。
と言いますか、オルゴールでポンポンは慣れてくれるとめちゃくちゃ楽です。

本では赤ちゃんのタイプ別で寝かしつけの方法が、
書かれていますが、
まずは睡眠スケジュールを作ってあげることが先です。

あとは自然と寝るようになります。
しかし、気を付けなければならないのは、

今までの方法は使用しないこととコロコロ手法を変えないことです。
まずは一週間、継続して編み出した方法を実践してください。

行動すれば、子供は寝るようになります。
あなたの子供は順応できるいい子なのです。
強い意志を持って頑張ってください。

夜泣きの時の行動が重要だった!?

赤ちゃんの泣き声は、
危険を知らせるための機能があるそうで、
ママがイライラするのは当然のようです。

決して母性や愛情不足ではありません。

夜泣きをするとすぐに母乳をあげてませんか?

寝言泣きと言って大人の寝言のように泣くことがよくあります。
一回観察してみてください。

ピタッと止まります。
その前に母乳を与えることによって

ちょこちょこ飲みが身に付き、
胃が大きくならず、離乳食がきちんと食べれない子が出てしまうそうです。

体内時計とは別に腹時計もあるそうなので、
さらにちょこちょこ起きるようになってしまいます。

夜中でつらいかと思いますが、
あとからつらい思いをしないようにクセをつけてあげましょう。

「赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド0歳から始めるネンネトレーニング」では、
このような睡眠に関わることが書かれています。

どうしても本となると堅苦しいイメージがありますが、
すぐに読めるようになっています。

スケジュールの部分だけ参考にするだけでもOKです。
実践した人は確実に効果を感じているようです。

これから出産される方への贈り物としてもおすすめしたいです。
また、夜泣きなんて愛情不足だと言っているような人たちにも読ませたいです。

赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド 0歳からのネンネトレーニング [ 清水悦子 ]

価格:1,430円
(2019/12/14 22:11時点)


簡単に読めるのでおすすめです。
それだけママよりな本です。

最後に

赤ちゃんの夜泣きは愛情不足ではなく、
睡眠スケジュールが定まっていないことによるグズりでした。

しかし、きちんと早寝早起きの習慣を教えることで
夜中に起きて長時間泣いてしまうことがなくなります。

また、夜泣きが愛情不足と言われる理由として、
現代の生活スタイルが影響していました。

要するに赤ちゃんも寝不足だということです。
大人も寝不足だと機嫌が悪いですよね。

赤ちゃんも同じです。
まだ何も知らないですし、
たった1日で物凄い成長を遂げます。

すぐに慣れてくれます。
本当に感動します!

かなり簡単にまとめましたが、
赤ちゃんは寝かしつけないと、
きちんと寝ないことを知っておいてください。

早寝早起きを習慣にするだけで劇的に改善されます。

夜泣きは愛情不足なんかではありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク