高橋一生の鼻の傷は粉瘤が原因だった!?

高橋一生さんの鼻の傷は粉瘤が原因だったと言われているそうですが、
実は、鼻の傷は粉瘤ではなく、整形の痕だとか、
癌だとか、いろいろ噂されていますが、実際どうなのかいろいろ調べてみました。

高橋一生の鼻に傷がある!?

ドラマなどでアップで映る時があるのですが、
高橋一生の鼻の傷が気になった方もいるのではないのでしょうか?

実は、高橋一生さんの鼻の傷は、粉瘤の手術痕だと言われています。
その鼻の傷に関して、整形疑惑も浮上していました。

整形しなくても十分カッコイイ気がしますよね。
しかも鼻に傷を残すなんて…

ですが、トーク番組で鼻の手術の痕ことを自ら公表していました。
なので、高橋一生さんの鼻の傷は整形ではなく、
粉瘤の治療による手術ということがわかりました。

鼻の傷が整形ではなくて良かったですね。まさか粉瘤とは、
まれに粉瘤の手術をしたって人いますよね~。

スポンサーリンク


実は、高橋一生さんは2008年前後に休んでいる時期があり、
2009年は、ドラマは一本も出演がありません。そのことも
整形の疑惑の噂につながったのかもしれませんね。

高橋一生の鼻の傷の原因となった粉瘤とは!?

高橋一生のかかった粉瘤ってどんな病気なのか?
どんな治療法があるのか、調べてみました。

粉瘤(ふんりゅう) は、皮膚の良性腫瘍の1つだそうで、
脂肪のかたまり?と思われがちなのですが、袋のような腫瘍のようです。

場所も人それぞれだそうで、頭に出来たなんて人もいるそうです。

実際に脂肪のかたまりが出来てしこりのようになることもあるそうで、
これは手術の必要はないものだそうです。

ですが、この粉瘤は皮膚の表面と細い出口で連結している事が多く、
つまむと中から白い物が出てくることがあり、

白いものが出てきた部分に細菌が付き患部が感染すると赤く腫れ上がり、
膿が出てくる事もあります。

その治療法は手術による除去だそうです。
メスを使って患部を切開して周囲から剥がしながら、

器具でつまんで袋ごと引っ張り出すようで、
30分程度で終わり、数日後に抜糸して終了のようです。

その後、半年から1年程度で傷が目立たなくなるそうです。
恐らく高橋一生さんは休んでいた時期に手術したと思われます。

撮影待機中の一コマです。 #高橋一生

旅する氷結公式(高橋一生)さん(@hyoketsu_issey_tabisuru)がシェアした投稿 –

高橋一生さんのなった粉瘤になった有名人はいるの?

さくらももこさんが、
「そういうふうにできている」というエッセイで粉瘤になったときの
体験が赤裸々に綴られています。

高橋一生さんのように手術したのではなく、たこの吸出しと言う市販のもので
取り出したそうです。さすがはさくらももこさんですね。

しかし手術が一番確実で安全だそうです。

実は、皇太子さまも粉瘤で手術を経験されたことがあるそう。
平成9年の新聞にそのことが載っているようです。

腰にピンポン玉大のものができたそうで、
ここまで大きくなったものは腫れるとかなり痛みを伴うそうです。

やはり公務で忙しくて治療が出来なかったのでしょうか?

スポンサーリンク


このように決して珍しい病気ではないので、気になることがある場合は
早めの診察がいいそうです。

なにごとも自分で解決せず、お医者さんに相談することが一番ですね。

最後に

高橋一生の鼻の傷は粉瘤の手術の痕が原因でした。

ですが、そこまで目立つこともなく気づいていない人もいたのではないでしょうか?
整形の疑惑もあったそうですが、本人が手術痕だと公表したので、ただの噂のようです。

粉瘤は皮膚にできる病気だそうで、出来る部位も人それぞれだそうで、
治療法は手術するのが一般的なようです。

最近はテレビで見ない日はない活躍の高橋一生さんですが、
これからの活躍も期待したいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク